大切な愛しい命でも生めない現実

大切な愛しい命でも生めない現実
Line

大切な愛しい命でも生めない現実


大切な愛しい命でも生めない現実

もし我が子が普通の検診の際にダウン症だと知ってしまったら、私は生みません。

それなりにお金に余裕のある家なら我が子の将来を思って、財産を残しておけるでしょう。

ですが、我が家はそんな余裕なんてありません。

親は先に死ぬものだと理解しているからこそ、そんな状態で生めば我が子の将来がどうなるっていうのが目に見えているからです。

勿論愛しい我が子です。

本当なら産みたい。

でもこの世に出てしまったらそれこそ試練の連続です。

お金さえあれば産んでいるのかもしれませんが、我が家の今の状態を考えれば無理です。

もし産んでいたら、多感の時期に友人などに言われるでしょう、「障害児で家が貧乏」私達はなんと言われても構いません。

でも子供は傷つくのは目に見えています。

愛があればなんとかなる問題じゃないからです。

そしてダウン症だからって世間の目を少なからず、気にするだろうと思います。

その使命は当たり前なのに、我が子を隠してしまうのではないかと言う恐怖もあります。

覚悟がないのに、私は産めません。


妊活のための休業が話題になった鈴木おさむさんの奥さんの大島美幸さん(森三中)は人工授精で妊娠、ハリウッドスターのジュリア・ロバーツさんも不妊治療で双子を出産、トム・クルーズとの結婚・離婚でも知られるニコール・キッドマンさんは不妊治療の末、41歳で出産、タイタニックの主題歌で一躍知られるようになったセリーヌ・ディオンさんは保存しておいた凍結胚による体外受精で妊娠・出産した、天然キャラとして知られる西村知美さんは不妊治療をして流産した末に自然妊娠で出産、
Line