マタハラ マタニティハラスメント

話題のマタハラへの意見|マタニティハラスメント|絶対妊娠したい
Line

男の勝手な意見 マタハラは基本反対。でもある程度はしかたがない?

※ある男性の意見

出産のせいで社内での自分の地位が変わることは避けたい、と思う女性は多いはずです。

確かに本人としっかり話し合いをしないのに降格させるような会社の行為には反対です。

ただ、考えてほしいのが女性の働き方がどれだけ変わるのかということです。

産前もそうですが、復帰してからも、周りの人はその女性をサポートしていかなければいけない場面が増えていきます。

子供の病気や、保育園の行事などの度に休みを取らなければいけない女性。

残業すると保育園に迎えに行けないからと、忙しい時でも当然のように帰る女性。
Line

女性の立場とは?


休まなければいけない女性の立場もわかりますが、その女性の仕事を他の社員が穴埋めをすることに不満を感じてもしかたがないと思います。

自分と同じ立場で給与も一緒なのに休み放題で残業もしないと、嫌な目で見られることもあります。

それを会社としてどう向き合っていくのかという、すぐには結論の出ない問題だと思います。

ただ、個人的に感じるのは、マタハラで騒ぐ人は自分の立場を周りは理解していて協力するのが当たり前と思っている方が多いと思います。

迷惑をかけていると自覚している人はマタハラと騒ぐ時間があれば、仕事をこなしています。

結局、女性によっても対応が変わってしまうのがマタハラの原因だと思います。

Line
妊娠出産予定の芸能人、タレント(不妊治療含む):市原隼人と結婚した向山志穂、テレビ東京アナウンサー大江麻理子アナ。あ、後、最近人気の日本テレビアナウンサー佐藤良子アナやアイドルの松浦亜弥、TBSアナウンサー長岡杏子アナも有名ですね。元気な赤ちゃんが産まれるといいですね!

Line